メニュー
診療方針
診療方針

診療方針

院長の考え

まずご理解頂きたいのが

皮膚にとって悪い三大行為
皮膚を『触る』・『こする』・『温めすぎる』
です。

また、当院では、下記の考えや想いを非常に大切にしております。

  1. 重度のアトピー性皮膚炎を克服した経験を生かし、患者様の視点に立った診療をお約束いたします。
  2. 治療は、医療行為だけではなく患者さんの頑張りが必要です。
  3. 皮膚の改善は、外見だけでなく内面をも充実させます。

1.重度のアトピー性皮膚炎を克服した経験を生かし、患者様の視点に立った診療をお約束いたします。

私もそうですが私の妹も幼少期から重度のアトピー性皮膚炎に悩んでいました。
私自身、右目はアトピー性の重い白内障にもなり、 顔の症状が悪化したときは、 かゆくて・かきすぎて眉毛がなくなるほどでした。
医師を志したのは、家族の悩みを 解決したい・妹を治したいという想いからです。
医師になり、研究を重ね実践するうちに30歳位から症状が改善され、今では患者さんから「きれいな肌ですね」とまで言われる ほどです。妹もすっかりよくなり、結婚して子育てをしています。
私と同じように皮膚疾患で悩み苦しんでいる患者さんが一人でも多く笑顔になるお手伝いが出来ればと想っております。

院長

2.治療は、医療行為だけではなく患者さんの頑張りが必要です。

糖尿病治療を例にとると非常に分かりやすいかと思います。患者さんに血糖値を下げるインスリンを処方しても、患者さんが食べ過ぎたり運動不足だったりすると効きません。 どんなに優れた医療行為を実施しても正しい患者さんの行為(頑張り)なくして治療は効果を発揮しません。それは、内科疾患だけでなく皮膚疾患にも当てはまります。
また、やらされているという想いや被害者意識を強く持つことは、治療効果を著しく下げてしまいます。

糖尿病患者さん
糖尿病患者さん
医療行為
医療行為
例)インスリン処方等
患者さんの行為
患者さんの行為
皮膚疾患患者さん
皮膚疾患患者さん
医療行為
医療行為
例)塗り薬・飲み薬の処方等
患者さんの行為
患者さんの行為

3.皮膚の改善は、外見だけでなく内面をも充実させます。

皮膚が改善すれば美しくなりますし、睡眠にも良い影響を与えます。昼間の集中力にも好影響が出ます。趣味も含め自分が達成したいことに必ずいい影響を与えます。 皮膚の改善に必要な方法については、時間がかかっても丁寧にご説明いたします。
薬についても厳選して処方いたします。患者さんには、私を信じ私よりご説明させて頂く日常生活で気をつける点(温度管理や触り方等)を徹底頂ければと思います。

外見だけでなく内面をも充実させます

診療方針

一般皮膚科診療を基本とし、患者様が安心でき、お悩みを軽減できるよう努めます。

  1. 正確な診断、治療方針の決定
  2. 安全性が高く、有用性の高い医療機器の選定・導入
  3. 丁寧でわかりやすい説明と同意(インフォームド・コンセント)

をモットーに親切で心のこもった医療サービスを心がけています。
不安なことなどは、医師や看護師にお気軽にお尋ねください。

〒123-0843東京都足立区西新井栄町 2-3-13 中里ビル3F
TEL:03-3887-5470
© 2015 アース皮ふ科クリニック