メニュー
熱中症
熱中症

熱中症

熱中症とは・・・

高温環境下や運動などによって体温の調節機能が破綻し、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、身体に変調を来す症状の総称です。悪条件が重なれば死に至る可能性もある病態です。
炎天下、運動時や作業時に起きやすいですが、屋内などでも発生する危険性があります。

熱中症の症状

汗をかいているうちにめまいがしてきたり、ふらついたり、筋肉痛、頭痛等が起こり、だんだんボーっとしてきます。そして、重症になると意識を失い非常に危険な状態に陥ります。

  1. 大量の発汗・めまい・ふらつき・筋肉痛
  2. 頭痛・嘔吐・倦怠感・虚脱感・集中力や判断力低下
  3. 意識障害・痙攣・高体温

注意点

  • 熱中症というと、外で激しいスポーツや労働をする人に多いと思われがちですが、家の中でも起こります。
    特に高齢者の場合には、体温調節機構が低下しているので、家の中で汗をかけずに熱が体にたまり急に体温が上がってくるといった発症形態が多いです。
  • 熱中症は気温だけではなく、湿度や反射する熱・気流の影響を受けます。高温で多湿の状況で起きやすいです。

熱中症の予防

  • 暑い日は無理な運動は避けましょう。
  • 外出時は日陰を歩きましょう。
  • 帽子や日傘を利用し、風通しのよい服装に心がけましょう。
  • 外出、運動、作業の前後にはしっかり水分をとりましょう。
  • のどが渇く前に水分を補給しましょう。
  • 発汗によって失った水分や塩分の補給はこまめに行いましょう。
  • 睡眠を十分にとり、深酒などは避け、体調管理に努めましょう。
熱中症の予防

各疾患メニュー

〒123-0843東京都足立区西新井栄町 2-3-13 中里ビル3F
TEL:03-3887-5470
© 2015 アース皮ふ科クリニック